有象無象カニタマゴ

いろいろまとめブログの爆誕です! 私の目に止まったものをまとめていきますのでどうぞよろしくお願いします。 最近はなんJをいっぱいまとめてます。 どうぞごゆっくりお楽しみ下さい!

    2019年01月

    1: Ψ 2019/01/30(水) 18:05:18.33 ID:tIU38ppI
    マラソンみたいにスタートとゴールがある一直線なものなの?

    【つまり「時間」ってなんなの? 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/01/30(水) 17:25:01.11 ID:yd+xyudF9
     タレント・フィフィ(42)が30日までに自身のツイッターを更新。千葉県野田市立小4年の女児が自宅浴室で死亡し、父親が傷害容疑で逮捕された事件を巡る報道について私見をつづった。

     フィフィは28日の更新で「10歳女児が父親に殺害されたニュースで、詳細が明らかになる度ネット記事が上がるが、私が知りたいのはこの父親が実父なのかということ」とツイート。「別に再婚をどうこう問うつもりはない。ここまでの鬼畜の所業を実の娘にできるものなのか、私はいち親として知りたい。そこに触れないのもまた配慮なのだろうか」と疑問をつづった。

     さらに連続ツイートで「この鬼畜男の顔は出すにしても、殺された女児の写真は出さないで欲しかった」と苦言。「そんなところに興味なんてない。いつも思うが被害者の尊厳までもが蔑ろにされているようで、さらに胸が押しつぶされる」と不快感をあらわにした。

     フィフィのツイッターにはフォロワーから「胸が押し潰される思い、同感です」「これも、『感動ポルノ』の一種としか言い様が無いですね」「なんで被害者ばかり晒される」など共感の声が集まっている。

    2019年1月30日 11時25分
    スポーツ報知
    http://news.livedoor.com/article/detail/15947774/
    no title

    【【タレント】フィフィ、千葉小4女児虐待死巡る報道に不快感「殺された女児の写真は出さないで欲しかった」 画像あり 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/01/30(水) 17:50:21.30 ID:30WknVLR9
    パチンコホール大手5社が30日、都内でパチンコ依存対策への共同声明を行った。「遊技を提供する立場として、依存対策となる予防のためのアプローチに注力し、安心して楽しめるパチンコを提供する」といった趣旨の声明を、ダイナム藤本達司代表取締役(58)が発表した。これに合田観光商事・合田康広常務、ニラク谷口久徳代表取締役、マルハン韓裕代表取締役、夢コーポレーション加藤英則代表取締役が賛同した。

    これら5社で全国に815店舗あり、業界最大手の2社も含んでいる。もともと、「女性の活躍推進」などの共通テーマで話し合いの場を持っていたという。

    2016年(平28)12月、カジノを含む統合型リゾート(IR)の設立を推進する基本法「IR推進法」が公布・施行された。この中でギャンブル依存対策も盛り込まなければならない。パチンコ業界も同様の取り組みを迫られるなか、第一歩を踏み出すことになった。

    「IRはギャンブル。パチンコは遊技。商売として異質」と藤本代表取締役は一線を画しつつも、「(IR関連では)ギャンブル依存対策はかなり整備されている。学んで参考にしたい」との姿勢を打ち出した。その上で、「安心して遊んでもらえるというのが、私たちの共通認識。ホールとして遊びにプラスになる行動をするのがホール側の社会的責務」と言い切った。

    今回の取り組み動画は一般公開され、全国に働きかける。もちろん啓蒙活動の先頭に立つ。「ホールの和を広げて全国で一緒に考えたい。サポートもいくらでもする」とも話していた。

    1/30(水) 17:44
    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00464243-nksports-soci
    no title

    【【安心して楽しめるパチンコを】パチンコ依存対策へ第一歩…ダイナム、マルハンら大手ホール5社が共同声明 】の続きを読む

    1: ('A`)(東京都) 2018/03/07(水) 12:52:01.80 ID:cpNHy/IN0
    一人暮らし始めたばかりの頃、寂しすぎてうんこ手でキャッチして練ったことある
    ハンドソープで洗ってもマジで手の匂い落ちなくて焦った

    【ちんさん寂しさのあまり奇行に走る   凄まじくやばいやつ・・・】の続きを読む

    1: 人気者 ★ 2019/01/29(火) 18:18:48.67 ID:eQqQ7WrF9
    毎日新聞2019年1月28日 15時56分(最終更新 1月28日 18時27分)
    https://mainichi.jp/articles/20190128/k00/00m/040/139000c

     節分に食べ、近年人気が高まっている恵方巻きで、食物アレルギーを起こすことがあり、
    中には救急搬送された事例も。専門家は注意を呼びかけている。

    (関連ニュース略)

     さいたま市民医療センター(さいたま市西区)には2年前の2月3日、10代の男性が恵方巻きを食べた後、
    喉に違和感を覚え、胸が苦しくなって救急車で運ばれてきた。
    同日、1歳の女児も食後、顔が真っ赤になって呼吸困難に陥り、搬送された。
    2人とも恵方巻きに入っていたイクラが原因とみられる。

     男性はその日のうちに帰宅できたが、女児は1晩入院して経過観察が必要なほど重い症状だった。
    横浜市消防局でも昨年、恵方巻きを食べた10代の女性が救急車を呼び、搬送先で食物アレルギーと診断された。

     市販の恵方巻きにはさまざまな具材が使われ、切らずに丸かじりが勧められるため中身が見えにくい。
    普段は口にしない食材もあり、アレルギーの原因となる食物を見落とすリスクがある。

     法令では卵やピーナツなどアレルギーを起こしやすい7品目の表示義務が定められているが、
    外食や対面販売の総菜は対象外。
    また、女児らがアレルギーを起こしたイクラは「表示が推奨される」20品目の一つで、義務ではない。

     さいたま市民医療センター看護部主任で小児アレルギーエデュケーターの森茂亮一さんは
    「節分の豆まきに使われる大豆やピーナツはアレルギーを起こしやすい食物として知られるが、
    恵方巻きも盲点になりやすい」と話している。【田村佳子】

    【恵方巻き ふたりも病院送りにするwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ