有象無象カニタマゴ

いろいろまとめブログの爆誕です! 私の目に止まったものをまとめていきますのでどうぞよろしくお願いします。 最近はなんJをいっぱいまとめてます。 どうぞごゆっくりお楽しみ下さい!

    2019年03月

    1: nita ★ 2019/03/01(金) 17:49:33.42 ID:O5ZXh6HT9
    03月01日 13時09分

    1日午前、今別町大川平の住宅のくみ取り式トイレの設備の中から生後まもない女の子の赤ちゃんの遺体が見つかりました。
    警察は、住人から事情を聞くなどして詳しく調べています。

    警察によりますと、1日午前9時45分ごろ、今別町大川平村元の住宅の敷地にあるくみ取り式トイレの設備の中に、赤ちゃんの遺体が沈んでいるのをくみ取り作業に訪れた業者が見つけました。

    警察や消防が確認したところ、赤ちゃんは生後まもない女の子で、へその緒がついたままの状態で見つかったということです。

    警察は、死体遺棄の疑いもあるとみてこの家の住人から詳しく事情を聞くなどして調べを進めています。

    現場は、JR津軽線の大川平駅から西に200メートルほどの場所にある住宅です。

    https://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/20190301/6080004028.html

    【【青森】くみ取り式トイレから赤ちゃんの遺体 今別町 】の続きを読む

    1: 次郎丸 ★ 2019/03/01(金) 17:54:21.99 ID:IbyVkVsw9
    「辞めます」が言えなくて 退職代行、頼む人たちの事情
    沢木香織
    2019年3月1日17時0分
    https://www.asahi.com/articles/ASM2F6Q7KM2FPTIL02R.html

     会社を辞めたいけど、辞めると言い出せない。そんな悩みに応えようと、本人の代わりに退職の意思を勤務先に伝える「退職代行」のサービスがあるという。

     「退職代行使う人ホントにいるんだー」「代行使ってでも退職したい状況ってどんな状況なんだろう」「辞める事も言えないってどういうことよ」。なぜ本人が自分で勤め先に伝えず、わざわざ代行業者に頼むのか、SNSには疑問の声もある。読者の疑問や困りごとを募って取材する朝日新聞「#ニュース4U」取材班の記者が当事者たちに会ってきた。

    ■正社員なら5万円で代行

    「EXIT」にLINEで寄せられた代行の依頼には、「仕事内容が肉体的にも精神的にも辛く、出勤することができなくなってしまいました」と書かれていた

     そもそもどんなサービスなのか。退職代行サービスを手がける「EXIT」(東京都渋谷区)で、ともに代表取締役を務める新野(にいの)俊幸さん(29)と岡崎雄一郎さん(29)に話を聞いた。

     サービスの流れはこうだ。利用者はまず、LINEやメールで勤務先の連絡先と、退職したいことを伝えるべき勤務先の担当者名などを送る。利用者が正社員なら5万円、パート・アルバイトなら3万円の費用を振り込むと、同社が主に電話で、退職の意思を勤務先の担当者に伝えるなどの連絡を引き受ける。

    ■「辞めにくかった」経験から起業

     2人は小学校の同級生。過去に3社で退職を経験したという新野さんの「辞めにくかった」という経験が起業につながった。岡崎さんは米国の大学に留学し、帰国後は工事現場や新宿のキャバクラで働いた。新野さんのアイデアを聞き「ニーズがある」と感じたという。

     2017年8月に本格的にサービスを開始。これまでに2千件の依頼を受け、相談はその約3倍に上るという。

    ※以下省略

    【【映像】「辞めます」が言えなくて 退職代行、頼む人たちの事情 】の続きを読む

    このページのトップヘ