有象無象カニタマゴ

いろいろまとめブログの爆誕です! 私の目に止まったものをまとめていきますのでどうぞよろしくお願いします。 最近はなんJをいっぱいまとめてます。 どうぞごゆっくりお楽しみ下さい!

    カテゴリ: 芸能

    1: Egg ★ 2019/01/16(水) 18:11:58.13 ID:E1Krq8Hc9
    新潟県を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」の山口真帆(23)が暴行被害を受けた事件で、関与した男3人が山口の熱狂的なファンではなかったことが15日、分かった。別のメンバーを推していたとみられる。

     複数の地元ファンは「別のメンバーの太客だった。ファンの間では有名な話」と話している。山口に暴行した疑いで逮捕された2人(不起訴処分)は新潟県警に対し「好意を持っていた」などと供述。関与したもう一人の男も山口のファンではないとみられ“会いたかった”という動機が疑問として残る。関係者によると、襲撃犯は山口と対立していたメンバーのファンで親交も深いという。この関係性が事件と、どう関わっているかは不明。運営側は前日の会見で「メンバーに違法性はない」と説明している。

     今回の背景にあるのは山口と、あるメンバーとの確執だ。山口が運営側に、あるメンバーの「風紀の乱れ」を報告したことから溝が深くなったとみられる。運営側も14日の会見で「風紀の乱れ」については認めており、これはAKBグループでは超異例のことだ。

     大所帯の組織は衝突を生みやすい。ましてや48グループは、女性同士のし烈な競争をオープンにするという画期的な仕組みで熱烈な支持を獲得してきた。その陰でAKB卒業生の一人が「病んでいる子は多い」とネット番組で暴露するほど精神的な重圧を感じるメンバーもいる。関係者も「競争と対立は表裏一体」と課題を口にする。運営側は今村悦朗前支配人(59)を異動させ、調査のため第三者委員会の立ち上げを発表した。外部の弁護士を委員長候補として人選を進めているが、調査結果の報告時期は固まっていない。

     後手に回る対応に地元でも影響が出始めた。新潟市の食品メーカー「一正蒲鉾(かまぼこ)」はこの日、NGTを起用したCMの放映を中止すると発表。グループが誕生した15年からCMに起用し、応援してきた企業まで距離を置く非常事態だ。風紀の乱れを認めた運営側が今後どのように対応していくか注目が集まる。

    1/16(水) 5:00配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000000-spnannex-ent

    1 Egg ★ 2019/01/16(水) 06:26:58.82
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547605493/

    【【芸能】<NGT暴行関与の3人>山口のファンではなかった…NGT暴行関与の4人 地元から複数の証言!「別メンバーの太客」 ★5 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/16(水) 18:00:54.38 ID:BQ/gMhGk9
    ドクロのパンツにラフなTシャツ。手首に派手なバンドをつけて、人さし指と小指を立ててポーズを決める。

    普段見せるフェミニンなスタイルとはまったく別人の西野カナ。その写真が撮られたのは、活動休止を発表するちょうど10年前のことだった。

    三重県松阪市に生まれた西野。彼女の担任だった津市立白山中学校の服部滋教諭は、当時をこう振り返る。

    「モーニング娘。に憧れていましたね。歌も踊りもうまくて、修学旅行のバスの中でも、ソロで歌ってくれました」

    '05年に『スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス』に応募。女優のオーディションだったが、その歌声が評価されレコード会社と契約を結ぶ。

    「17歳の若さで歌手となった彼女ですが、なかなかデビューできず、3年もの間ボイストレーニングの毎日でした」(レコード会社関係者)

    本当にやりたかった音楽

    '08年2月、大学に通いながら、シングル『I』でようやくメジャーデビュー。

    「西野さんは高校時代に好きだった先輩の影響で、パンクロックやへヴィメタルなど激しい音楽が好きだったんです。でも、歌声やキャラクター的に今のスタイルでいくことになったんでしょうね」(同・レコード会社関係者)

    意外に思えるかもしれないが、過去のウェブメディアの取材ではこう語っている。

    《もしかしたら、私が好きな音楽もみんな知らないかもしれない。クラブ系やレゲエにヒップホップとか、実はあまり顔に似合わないものが好きなんですよ》

    本当にやりたかった音楽と、世間が西野に求めた音楽は少し違っていたのだろう。

    彼女が作詞をするのは、会えなくなってしまった恋人を思って歌った『会いたくて 会いたくて』('10年)や、恋する女の子のちょっぴりわがままな“取り扱い説明書”を歌った『トリセツ』('15年)など、
    ストレートでチャーミングなポップス。ティーンの絶大な支持を得たが、一方で葛藤もあった。

    「このままずっと、若い女性に刺さる恋愛の歌詞を書き続けていくことに限界を感じ始めていたのではないでしょうか。1度、自分を見つめなおす機会が欲しいと思っていたようです」(音楽ライター)

    しかし、彼女には悩む時間もなかった。年間4枚近いシングルリリースに加え、ライブやファッション誌の取材、テレビ出演をこなすなど、超多忙な日々。
    『紅白歌合戦』にも昨年まで9年連続で出場している。

    「彼女が所属するソニーミュージックは多くのアーティストや俳優、女優を抱えているのですが、昨年の総売り上げの4分の1近くを西野さんが稼ぎ出していたそうなんです。
    金額的に見てももちろん堂々の1位で、CMやドラマなどで活躍中の女優・土屋太鳳さんと比較しても5倍以上、稼いでいたそうです」(同・音楽ライター)

    30歳を前にして、心の中に感じていた違和感は大きくなってしまい……。

    「精神的にも肉体的にも参ってしまったというのが無期限活動休止の真相でしょう。ここ3年間ほどのスケジュールは本当に仕事でビッシリでしたからね」(同・音楽ライター)

    間違ってしまった西野の“トリセツ”。もう1度、彼女の歌声を聴ける日は来るのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190116-00014243-jprime-ent
    1/16(水) 16:00配信

    【【芸能】西野カナ、事務所の総売上4分の1を稼ぐNo.1歌姫が抱えていた「女子ウケ音楽への葛藤」 】の続きを読む

    1: ストラト ★ 2019/01/15(火) 16:52:55.29 ID:a1DAlr4u9
    タレントのぱいぱいでか美が初の著書『桃色の半生!~仲井優希がぱいぱいでか美になるまで~』を2月22日に発売。
    表紙では、一糸まとわぬ“髪ブラ”に挑戦した。

    同書は、歌手やタレントとして幅広い活躍をみせ“謎のポジション”を確立するオンナ・ぱいぱいでか美が展開していた連載をまとめたもの。
    スポーツブラデビューがまわりの子より圧倒的に早かった少女時代、病んでこじらせていた思春期、波乱万丈のバンド生活、突然のテレビ出演オファーなど、普通の女の子がとんでもない芸名で活動するにいたるまでが、読みやすく軽快な文章で綴られている。
    その文章力の高さも注目を集める彼女が自身の半生を振り返った記念すべき初の著書だ。

    ぱいぱいでか美、髪ブラに初挑戦
    同書の表紙にて、彼女は一糸まとわぬ姿を大胆に披露。
    チャームポイントのバストをロングヘアで隠した“髪ブラ”に初挑戦し、同書の内容どおりにすべてをさらけ出している。
    色っぽくもスタイリッシュな同カットは、欅坂46のCDジャケットなどでも知られる写真家の神藤剛氏が撮影。
    これまでにない彼女の魅力を引き出している。

    書籍限定コンテンツとして、ぱいぱいでか美&川谷絵音、ぱいぱいでか美&博多大吉といったゆかりのある著名人との特別対談を掲載。
    彼女とはインディーズ時代から縁のある川谷、バラエティ番組で共演している大吉だが、一対一でじっくりと対談をしたのは今回が初めてとなる。

    さらに、セクシーな水着姿やキュートな私服姿が楽しめる撮り下ろしグラビア、ここでしか見られない思い出の秘蔵フォトも収録。
    ほかにも両親や親友、彼女が師匠として敬う歌手の大森靖子から届いた直筆の手紙も初公開する。

    http://mdpr.jp/news/detail/1815957

    ぱいぱいでか美が“髪ブラ”披露 初の著書『桃色の半生!~仲井優希がぱいぱいでか美になるまで~』
    no title

    no title

    no title

    【【タレント】ぱいぱいでか美、一糸まとわぬ大胆「髪ブラ」披露 】の続きを読む

    1: 幻の右 ★ 2019/01/15(火) 17:41:36.90 ID:MQzxpBwF9
    NGT48の西潟茉莉奈と太野彩香が13日未明、自身のツイッターを更新しそれぞれ「今回の事件に関与していません」と記した。
    「今回の事件」とは、山口真帆(23)がファンの男2人から暴行被害を受けたことを指しているとみられる。西潟の投稿は午前0時42分、太野の投稿は午前0時41分だった。

    西潟は「発信が遅くなってしまいごめんなさい。まず、私は今回の事件に関与していません。話を聞きたいと言われ、新潟警察に行きました。
    警察の方に携帯を預け、お話をしました。発信が遅れたことにより、ご心配をおかけし、お騒がせして申し訳ありませんでした」とツイート。
    12日の午後11時16分には「この1か月間正直生きた心地がしませんでした」などとつづった文章を画像で投稿していた。

    また太野も自身のツイッターに文章を画像化して「連日報道されております事件に私は、関与しておりません。
    事件後何が何だかわからないまま、名前があがり、何も説明を受けないまま警察に行き、ありのままを答えました。
    私と、私の家族、親戚までも身の危険を疑わせる言葉も目にし、今もまだ生きてる心地がしません」と発信した。

    1/13(日) 0:55配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190113-00000036-sph-ent

    写真
    no title


    1 の立った日時2019/01/13(日) 01:25:07.

    ※前スレ
    【芸能】<NGT48の太野彩香>「私の家族、親戚までも身の危険を疑わせる言葉も目にし、今もまだ生きてる心地がしません」 ★4
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547520949/

    【【芸能】<NGT48の太野彩香>「私の家族、親戚までも身の危険を疑わせる言葉も目にし、今もまだ生きてる心地がしません」 ★5 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/01/15(火) 17:57:06.76 ID:NOBLTZOy9
     昨年1月21日にももいろクローバーZを卒業し、きょう15日に自身のツイッターで1年ぶりの活動再開を発表した有安杏果(23)が、
    3月に東京と大阪でライブを行うことが明らかになった。

     有安は自身のツイッターとインスタグラムで「はじめの一歩として音楽活動でスタートします♪2019年3月24日と3月27日に東京と大阪の
    ライブハウスでやります!」と発表。

     『有安杏果 サクライブ 2019 ~Another story~ 』と題し、3月24日に東京・EX THEATER ROPPONGI 、3月27日に
    大阪・なんば Hatch公演を行う。詳細は後日発表するとし、「頑張ります」と意気込んでいる。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000348-oric-ent

    【【音楽】元ももクロ有安杏果、再始動第1弾は3月にライブ2公演「はじめの一歩として」 】の続きを読む

    このページのトップヘ