有象無象カニタマゴ

いろいろまとめブログの爆誕です! 私の目に止まったものをまとめていきますのでどうぞよろしくお願いします。 最近はなんJをいっぱいまとめてます。 どうぞごゆっくりお楽しみ下さい!

    カテゴリ: ゲーム

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/03/27(水) 12:25:51.95 ID:CAP_USER
    Switch/PS4版「VA-11 Hall-A」と漫画「おしえて!ギャル子ちゃん」のコラボコミックが公開!
    Sukeban Gamesからクロスオーバーイラストが到着
    2019年3月27日 12:05
    担当:Gamer編集部

    アクティブゲーミングメディアは、Nintendo Switch/PS4版「VA-11 Hall-A」について、本日3月27日より漫画「おしえて!ギャル子ちゃん」とのコラボレーションを開始した。
    コラボレーションコミック「VA-11 Hall-A 編」 概要
    今回のコラボレーションコミックは、「おしえて!ギャル子ちゃん」作者の鈴木健也氏が、5月30日にNintendo Switch/PS4 で発売される「VA-11 Hall-A」パッケージ版のリバーシブルジャケットを手掛けたことをときっかけに実現いたしました。

    今回の「おしえて!ギャル子ちゃん VA-11 Hall-A 編」は、「VA-11 Hall-A」×「おしえて!ギャル子ちゃん」クロスオーバーの一環としての作品となります。「VA-11 Hall-A 編」では、ギャル子(207X年なので成人済み)が、主人公ジルにカクテルをオーダーし、ギャル子が常連客と共に「VA-11 Hall-A」の一夜を楽しむというストーリーが展開されます。


    また、今回は特別に本日発売の「月刊コミックアライブ」5月号でも掲載されます。「月刊コミックアライブ」では、「VA-11 Hall-A」パッケージ版の読者プレゼントも実施いたします。今回のコミック公開に合わせて、Sukeban Games からのクロスオーバーのイラストが届きました。


    「VA-11 Hall-A」×「おしえて!ギャル子ちゃん」のさらなるクロスオーバーも計画されており、決定後に公開予定です。
    no title

    no title

    https://www.gamer.ne.jp/news/201903270016/

    【【コラボ】 Switch/PS4版「VA-11 Hall-A」と漫画「おしえて!ギャル子ちゃん」のコラボコミックが公開! 2019/03/27 】の続きを読む

    1: ふてねこ ★ 2019/03/20(水) 10:44:29.20 ID:0BxshZsc9
    ネコと仮想通貨をゲットできる位置情報ゲーム「ビットにゃんたーず」正式リリース

    スマートフォン向けゲームを開発するリアルワールドゲームス株式会社は3月19日、iOS/Android向けのスマートフォン
    位置情報ゲーム「ビットにゃんたーず」を正式リリースした。スマートフォンのGPS機能を利用し、健康寿命の延伸を
    目的に歩くことが重要な要素となる。同社はプレイヤーを歩かせるためのインセンティブとして仮想通貨「ARUK」を
    発行し、将来的にはARUKによるトークンエコノミーの実現を目指すという。

    「ビットにゃんたーず」は、ネコスポットと呼ばれる座標でネコをなでるミニゲームが発生し、ネコの捕獲や育成が
    できる。ユーザーが地域の特長的な場所や建造物の写真を撮影し、コメントを付けて登録することで、その座標を
    ネコスポットとして申請することも可能。スポットの申請が承認されると、仮想通貨「ARUK」を入手できる。

    https://crypto.watch.impress.co.jp/docs/news/1175617.html

    仮想通貨 Watch 小鳥遊萌依 2019年3月20日 08:37

    【【仮想通貨】ネコと仮想通貨をゲットできる位置情報ゲーム「ビットにゃんたーず」正式リリース 】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2019/03/20(水) 11:55:53.78 ID:CAP_USER
     米グーグルは19日、ゲーム事業に参入すると発表した。ネット上のクラウドからのストリーミングでゲームを楽しめるサービス「Stadia(スタディア)」を、年内に米国や欧州で始める。ゲーム専用機がなくても、スマートフォンやタブレットなど画面つきの端末があればゲームを楽しめる。

     ゲームの見本市「ゲーム開発者会議」で発表した。新サービスは、ゲーム自体を自分の端末にダウンロードする必要がない。高い演算処理能力を持つゲーム機やパソコンがなくても、高度なゲームをスマホなどで簡単に楽しめるのが特徴だ。「ストリーミング型」のゲーム市場はソニーや任天堂など日本勢がリードしてきたが、グーグルの参入で業界の勢力図に大きな変化が起きる可能性がある。

     日本など他国での展開について…

    残り:234文字/全文:550文字
    2019年3月20日11時26分
    https://www.asahi.com/articles/ASM3N31JGM3NUHBI00M.html

    【【ゲーム】グーグルがストリーミング型ゲーム参入 専用機なくても 】の続きを読む

    1: プティフランスパン ★ 2019/03/17(日) 08:27:36.30 ID:jnDytwJy9
    2019年3月14日号掲載 エンタメ週刊新潮
    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/03170556/?all=1
    no title

    健康増進にもってこい(他の写真を見る)

     ここは「おばあちゃんの原宿」と呼ばれる東京・巣鴨。その一角で、お年寄りが集まって何やらスマホをいじっている。使い方が分からないのかと思ったら、“失礼な”と怒られた。
    「『ポケモンGO』をやってんのよ。老人会の友達に勧められて始めたのがきっかけ。まさか、こんなにハマるなんて自分でもビックリだわよ」(70代の女性)

     ポケモンGOといえば、3年前にサービスを開始したスマホゲームである。「AR(拡張現実)」という技術を使って、街中にひそむキャラクター「ポケットモンスター」を捕まえ、コレクションを競うというものだ。
    一時は、あちこちにスマホを見つめる集団が出来るほどの爆発的人気だったのはご存じのとおり。もちろん、当時は、若者が中心である。

     ところが、スマホゲームは流行り廃りが早い。
    「『ポケモンGO』は、モンスターを捕まえるアイテムを購入することで開発・配信元である米国のナイアンティック社が収入を得る仕組みになっているのですが、当初は約1千億円の売り上げがあった。しかし、すぐにユーザー離れが起き、昨年は800億円台に落ち込んでいたのです」(ゲームライター)

     そのため、新たに改良を加え、
    「バトル機能や友達同士でゲットしたモンスターを交換できる新機能などを追加したところ、ユーザーから改めて高い支持を頂くようになりました」(アプリの共同開発を行っている株式会社「ポケモン」の担当者)

     ところが増えたのは若者だけではなかった。最近では、巣鴨の他にも高円寺駅前、高田馬場でも、おじさんおばさんが集まってモンスターのゲットに興じている姿が目につくのだ。
    「『ポケモンGO』をやると、1日の歩数で平均1473歩増えるので、健康に良いのです」(日本運動疫学会の関係者)

     くれぐれも足元に気をつけて楽しんでください。

    【【健康】「ポケモンGO」高齢者プレーヤー激増で再ブーム おばあちゃんの原宿・巣鴨でも 】の続きを読む

    1: プティフランスパン ★ 2019/03/10(日) 17:39:17.31 ID:hXiVMooE9
    2019年3月10日 13時3分 時事通信社
    http://news.livedoor.com/article/detail/16137406/
    no title


     コンピューターゲームで勝敗を競い合う「eスポーツ」を学校の正式な部活として採用しようと検討を進めている公立高校がある。
    校長は「生徒がやりたいなら拾い上げたい」と前向きだが、教員の間には根強い反対も。「部活でゲーム」は受け入れられるか-。

     業界団体の日本eスポーツ連合によると、eスポーツの競技人口は世界で1億人に上るとされる。国内でも人気は高く、新たな成長産業としての期待も高まっている。
    茨城県で開催される秋の国民体育大会で、初めてeスポーツの都道府県対抗戦が行われることもあり、県立大洗高校の猪瀬宝裕校長は1月、部設立を校内で提案。「部活は学校に来たくなる要素の一つ。生徒の楽しそうな姿を見るのは望ましい」と訴えた。2月には生徒や教員向けの体験会も開き、部設立への理解を求めた。

     だが、校内には根強い反対もある。教員の1人は「学校教育でゲームをすることに抵抗がある。大反対だ」と強調。公費でのゲームソフト購入などに強い抵抗感を持つ教員が複数いるという。

     昨年、eスポーツ部が発足した愛知県立城北つばさ高校の金子悟校長は「競技の際に部員が声を掛け合うなど、コミュニケーションが生まれた」と前向きに評価する。
    茨城県の柴原宏一教育長はeスポーツについて「ゲームかスポーツか、価値観の過渡期にある」と話すにとどまっている。 

    【【学校教育】「eスポーツ」を公立高の正式な部活へ 校長は前向きも、教員ら「公費でゲーム購入」に抵抗感 茨城 】の続きを読む

    このページのトップヘ