有象無象カニタマゴ

いろいろまとめブログの爆誕です! 私の目に止まったものをまとめていきますのでどうぞよろしくお願いします。 最近はなんJをいっぱいまとめてます。 どうぞごゆっくりお楽しみ下さい!

    カテゴリ:生活 > ほっこり

    1: Hikaru ★ 2019/03/12(火) 17:11:26.96 ID:s7tmCzjO9
    朝日新聞デジタル 2019年3月12日15時49分
    https://www.asahi.com/articles/ASM3B3CY0M3BTNAB001.html

     宮崎県内で最初にできた鉄道の駅、真幸(まさき)駅(JR肥薩線、えびの市)に現れる野良猫たちを、
    地域の人たちがねぐらを用意したり、えさをやったりして世話をしている。
    えさを食べ終えると、どこかに行ってしまう。駅名の通り「真に幸せ」な猫たちに見える。

     土曜日の朝。JR九州から「名誉駅長」を委嘱されている上熊須康(かみくますやす)さん(78)が、
    山あいの小さな駅にやって来ると、どこからともなく現れた2匹の猫が「ニャーニャー」と声高に鳴きながら近付いてきた。
    「ご飯ちょうだい!」と言っているようだ。

     肥薩線(熊本県・八代―鹿児島県・隼人)の全線開通の2年後、1911(明治44)年に開設された真幸駅には、当時の面影を伝える木造の駅舎がある。
    現在は1日に上下線3本ずつしか停車しない無人駅だが、駅舎の雰囲気や折り返し式の線路「スイッチバック」などで鉄道ファンには人気がある。
    えびの市内の住民らがボランティア団体「真幸駅友の会」をつくって、駅舎の掃除をしたり、土日祝日に駅で地元産品の売店を開いたりしている。

     その会長の上熊須さんが、猫用の食器にカリカリのえさとカツオ節を盛ると、2匹はガツガツと食べた。
    満腹になると、いすの下でうとうとし始めた。

     いずれもオスで、「クロ」「ミー」と名付けられている。
    2年ほど前から現れ、上熊須さんが火曜と木曜にえさやりに来るほか、土日祝日には友の会のメンバーがえさを食べさせる。
    もう1匹、「チャチャ」という名の猫も時折、姿を見せる。えさ代は観光客らの寄付で賄っている。

     駅舎の軒下には、ねぐら用の段ボールや毛布が置いてある。猫が自由に出入りできるよう駅舎の入り口は常に少しだけ開けてある。

     真幸駅には、かつて「タマ」と…

    (有料記事…続きはソースで)

    no title

    no title

    no title

    【【動物】満腹でうとうと…無人の「真幸駅」に自由すぎる猫たち(画像あり) 】の続きを読む

    1: 水星虫 ★ 2019/03/05(火) 12:34:57.79 ID:/6ytayrj9
    高齢女性保護の高校生に感謝状
    (ながさき県)

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/20190305/5030003387.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    自宅に帰れなくなっていた80代の女性を保護するのを手助けした大村市の高校生4人に
    4日、警察から感謝状が贈られました。

    感謝状が贈られたのは、大村工業高校1年生の中村亮雅さん、永留昇樹さん、上田理仁さん、井川凛大さんの4人です。
    大村警察署の吉永靖署長が高校を訪れ、感謝状を手渡しました。

    4人は先月12日の午後7時ごろ、部活動からの帰宅途中に80代の女性から声をかけられ、
    帰り道などを教えて、一旦は女性と分かれましたが、涙を流すなど不安な様子を見せていたため
    心配になって、近くをパトロールしていた警察官に事情を説明したということです。

    そして、全員でもう一度女性を探し、警察官が自宅まで安全に送ったということです。
    上田理仁さんは
    「女性が泣いて、道を教えても違う方向に行こうとしたので、助けないといけないと思いました」
    と話していました。
    また、井川凛大さんは
    「『今いる場所もわからない』と、すごく困った様子で話したので、大変な状況だと思いました。
    初めての経験で、迅速な判断が出来なかったので、次に同じような場面にあったら、
    すぐに判断できるようになりたいと思いました」
    と話していました。

    03/05 11:14

    【「女性が泣いて、道を教えても違う方向に行こうとしたので、助けないといけないと思いました」 でも一旦分かれた高校生たちに感謝状 】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2019/03/04(月) 12:36:36.85 ID:XADEHLs09
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190304-00010002-nishinpc-soci

    福岡県久留米市上津町の看護師熊谷美重子さん(70)が1日、明善高定時制を卒業した。
    家計を支えようと中学卒業後に働き始めたが、年齢を重ねても向学心が衰えることはなく4年間、勉学に励んできた。
    同高定時制80年の歴史で古希の卒業生は最高齢。熊谷さんは「学ぶことに年齢は関係ありません。
    ほぼ半世紀遅れの高校生活は何事にも代え難い人生の思い出です」と卒業証書を手に目を潤ませた。

    熊谷さんは筑後市で生まれ育った。7人きょうだいの末っ子。家庭は貧しく、進学を断念。
    久留米市内の病院で看護助手として働きながら専門学校に通い、看護師資格を取得した。

    24歳で結婚。和菓子店だった夫の家業を手伝ったり、夫婦で小料理店を切り盛りしたりと
    「2人の子育てにも追われて大変だったけど、毎日が充実していました」。ところが2001年、交通事故で夫と死別。
    1年ほどは途方に暮れたが「悲しんでばかりでいられない」。再び病院や介護施設で仕事に打ち込んだ。

    「やっぱり高校の授業が受けたい」。還暦を過ぎたころ、ぼんやりと思うようになった。
    「残りの人生、自分自身のために使い切りたい」。作文と面接の試験を突破し、念願の“女子高校生”に。
    「人生経験と高校で学びたいという熱い思いを伝えました」

    入学後、週3、4回の介護施設の仕事と勉強を両立し、孫世代の級友からは「みえこちゃん」と慕われた。
    進路や恋愛について相談されることもあったという。担任の大庭聖嗣教諭(36)も「気持ちの若さ、勉強に向き合う姿勢…。
    私たちも多くを教わりました」と感謝する。

    式で、熊谷さんは定時制の17人を代表して答辞を読んだ。「それぞれの進路へと旅立っていきます」。
    熊谷さんは卒業後も仕事を続けながら、社会福祉士の資格を取るため短大進学を目指すという。
    「高校の教科書は宝物。もっと目を通して勉強しないと」。向学心が尽きることはない。


    定時制の卒業生を代表して答辞を読んだ熊谷美重子さん
    no title

    【【;∀;】70歳の女子高校生が卒業。看護師と両立、級友からは進路や恋愛の相談を受けることも。福岡県久留米市 】の続きを読む

    1: きつねうどん ★ 2019/03/02(土) 15:38:00.57 ID:CAP_USER
    秋田では知らない人はいない(?)ご当地ヒーロー「超神ネイガー」が2019年2月22日に投稿したツイートが話題になった。

    https://twitter.com/neiger_akita/status/1098728352595173378/photo/1

    写真は、ニャーンともかわいい猫の雪像のようだが、なんとも残念なことに、かなり溶けてクターとなってしまっている。2月22日の「猫の日」にあわせて、投稿したようだ。

    撮影場所として東由利船木とあるが、いったいどこ? どんな目的でつくられた「猫ちゃん」なのだろう?

    Jタウンネット編集部は秋田に電話して、詳細を突き止めることにした。

    「私が猫好きだからです」

    no title


    写真提供:大庭時晴さん、以下同

    まず秋田県の由利本荘市役所に問い合わせてみた。東由利総合支所産業課の担当者も「そういえば猫の雪像を見たことがある」と言ってはくれたが、誰が何の目的でつくっているのかは分からない、とのこと。やっと探し当ててくれたのは、地元の船木地区で建設会社を経営する大庭時晴さんだった。

    no title


    雪像づくりには建設機材バックホーが活躍した

    「あれはまったく個人的な楽しみでつくったものです。旧暦の小正月のために、仲間数人と協力してつくりました。仕事がら建設用機材はありますから、それを活用させてもらいましたよ。2月17日に完成しましたが、幅約5メートル、高さ約3メートルの大きさなので、達成感はありましたね。これを観ながら、秋田の地酒で乾杯するのが何よりの楽しみです。美味い酒を飲む口実かもしれません(笑)」

    小正月行事というと、秋田県は盛んなような気がするが、横手や湯沢、六郷などの行事はよく知られているが、由利本荘市ではあまり盛んではないという。「何かやってみたいな、という気もありますね。お酒を飲む口実であってもね」と大庭さん。

    no title


    幅約5メートル、高さ約3メートルもある猫ちゃんだ

    「なぜ猫なのか? 私が猫好きだからですよ。ま、猫好きというより、『〇ティちゃん』好きかな」と大庭さんは笑う。ちなみに大庭さんは65歳だ。〇ティちゃん好きの65歳がいてもいいではないか。

    no title


    仲間と協力しながら仕上げていった

    雪像をつくり始めた2月上旬は雪も豊富だったが、「今年は急に天候がよくなって、気温が上がってきましてね。せっかくきれいに仕上げたのに、どんどん溶けてきまして、しまいには『化け猫』のようになってしまったので、早々に撤去しました」と大庭さん。

    溶け始めてからの写真が撮影され、スライムとか化け猫とか噂されながらも、それなりに使命は果たしたのかもしれない。秋田を守る「超神ネイガー」の目にとまり、ツイッターで話題となったわけだから......。

    no title


    完成した後に飲む地酒が美味いのだ

    https://j-town.net/tokyo/column/gotochicolumn/272045.html
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    【秋田に出現した巨大ネコ雪像 暖かさで「化け猫」に変身してしまう 】の続きを読む

    1: Ψ 2019/03/01(金) 18:44:20.06 ID:CKtPXi10
    犬2匹が遭遇し1匹が、もう1匹の
    肛門をしつこくクンクンクンクンクンクンクン嗅いだ後
    股間を舐めていたペルペルペルペルペル
    飼い主同士は会話に夢中で全く気づかず
    通りすがりなので全てを見届ける事ができなかったが
    その後、のっかって腰を振り出したと予想

    【衝撃的、性的場面を目撃した 】の続きを読む

    このページのトップヘ