有象無象カニタマゴ

いろいろまとめブログの爆誕です! 私の目に止まったものをまとめていきますのでどうぞよろしくお願いします。 最近はなんJをいっぱいまとめてます。 どうぞごゆっくりお楽しみ下さい!

    カテゴリ:生活 > 食べ物

    1: Hikaru ★ 2019/03/05(火) 12:52:58.80 ID:fwAtgck/9
    毎日新聞 2019年3月5日 12時30分(最終更新 3月5日 12時31分
    https://mainichi.jp/articles/20190305/k00/00m/040/127000c

     京都市上京区のベンチャー企業「BugMo(バグモ)」が、コオロギの粉末を1本に約50匹分練り込んだプロテインバー
    「バグモクリケットバー」(1本500円、200キロカロリー)を開発した。
    牛や豚に比べ少量の飼料で育ち、たんぱく質やオメガ3脂肪酸、ビタミンなど栄養素も豊富で「環境にも人にも優しい」とPRしている。

     味はチョコレートと抹茶の2種類で、レーズンなどのドライフルーツやナッツ類も加えた。
    京都・大阪両府や兵庫県などのスポーツジム、スーパーに卸すほか、インターネットでの注文で月計約1000本を出荷している。

     開発のきっかけは共同代表の西本楓さん(21)と松居佑典さん(32)が目にした海外の食料事情や環境問題だ。
    西本さんは大学2年の時、ウガンダで食育指導ボランティアに参加し、月1度しか肉を食べられず栄養失調になる子供たちに出会った。
    松居さんは仕事で訪れたカンボジアで畜産飼料の耕作のため熱帯雨林が伐採されている現状を知った。

     共通の知人を介して知り合った2人は2017年12月、省資源のたんぱく源として養殖昆虫を使った商品開発に着手。
    まずは、魚釣りのエサなどに使われるミールワームでクッキーを試作したが「ものすごくまずかった」。
    ハエやタガメなど数種でも試したが、苦みが少なく通年で飼育できるコオロギが最適と判断した。

     タイ北部の提携農家が育てた食用コオロギを使用しているが、数年以内に国内産に移行する予定。
    昆虫特有の苦みを抑えるため、米ぬかや菜種油の搾りかすを与え、加工直前には絶食させて体内のふんを抜くという。

     サンプル用のコオロギを約4万匹飼育している滋賀県内の工場では、給餌の自動化など養殖システムの開発を進めている。
    松居さんは「世界のどこでも同品質のコオロギを育てられるシステムを作り、将来は食料不足に悩む国に活用してもらいたい」と話す。

     会社名は英語で虫を意味する「Bug」に日本語の「も」をつけ「虫も食べてほしい」との願いを込めた。
    西本さんは「昆虫食の文化はもともと世界各地にある。現代に合うよう再構築したい」と話す。問い合わせは同社へ電子メールで。

     昆虫食に詳しい松井欣也・東大阪大短期大学部准教授(給食管理)の話 
    国内で昆虫を粉末にして売り出している企業は珍しい。
    昆虫の姿が見えないので受け入れられやすく、今後の商品拡大も期待できる。
    昆虫食は少量で栄養に富み、炭水化物に偏りがちな災害時の非常食に加えると有効だ。活用が広がる足がかりになればいい。

    ◇ プロテインバーを紹介する松居佑典さん(写真左)と西本楓さん=京都市上京区の西陣産業創造会館で
    no title

    【【昆虫食】「コオロギバー」1本に50匹分の粉末入り 京都のベンチャー企業販売 「試作ミールワームのクッキーは不味かった」 】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2019/03/04(月) 13:08:11.81 ID:XADEHLs09
    https://www.j-cast.com/2019/03/04351771.html

    銭湯の定番飲料が消滅――。明治が販売する清涼飲料水「明治フルーツ」が、2019年4月で終売となる。
    同社が3月4日、J-CASTニュースの取材に明かした。

    SNS上では、「平成も終わるけど、昭和も消えていく」と惜しむ声が少なくない。

    ■「お客さまの健康志向の高まりにより...」

    フルーツ牛乳は、リンゴ、バレンシアオレンジ、パイナップル、洋ナシ、バナナ、レモンの果汁入りの清涼飲料水。
    1958(昭和33)年9月に発売され、消費者の間では「フルーツ牛乳」の名で長年親しまれてきた。

    明治広報部によれば、終売の理由は中期的な売り上げ不振だという。

    「お客さまの健康志向の高まりにより、当該商品のように嗜好を特長とする商品は、苦戦を続けてきました」

    SNS上では、「平成も終わるけど、昭和も消えていく」「銭湯では必ず飲んでいたのに」と惜しむ声が相次いでいる。
    広報部は「そのようなお声をいただき、申し訳ない思いがある一方で大変ありがたいことだと思っています。
    本商品は50年以上の歴史を持つ商品であり、 多くのお客さまにご愛飲いただいていたこと、改めて感謝しております」とした。
    4月以降は在庫限りの販売となる。

    なお、同じく瓶入り飲料の「明治コーヒー」「明治牛乳」は今後も販売を継続する予定だとした。


    「明治フルーツ」
    no title

    【【のみもの】銭湯の定番、明治の「フルーツ牛乳」が販売終了。「平成も終わるけど、昭和も消えていく」とSNSでは惜しむ声 】の続きを読む

    1: みんと ★ 2019/03/04(月) 13:24:55.21 ID:aY822tKL9
    吉野家ホールディングス(9861)傘下の吉野家は4日、28年ぶりに主力メニューの牛丼で新サイズの商品を発売すると発表した。7日4時から「超特盛」「小盛」の販売を開始する。超特盛(価格は税込み780円)は米が「大盛」や「特盛」と同じ量だが、肉が大盛の2倍になる。小盛(同360円)は肉と米が「並盛」の約4分の3の量。牛丼に新サイズが加わるのは1991年の特盛以来で、牛丼は全6サイズになる。

    〔日経QUICKニュース(NQN)〕

    日本経済新聞 2019年3月4日 12:40
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL04HJM_U9A300C1000000/
    https://pbs.twimg.com/media/D0xqgLqX0AQlw77?format=png&name=900x900

    【【牛丼】吉野家、超特盛(780円)と小盛(360円)を発売 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/02(土) 18:08:43.95 ID:6QWaKiUw9
    47都道府県の地元ならではの味を再現したポテトチップスを発売するカルビーの「? JPN(ラブ ジャパン)」プロジェクト。

    これまでにはなかったユニークな味わいがもう追いきれないほどに次々と登場していますが、3月4日(月)に、茨城県の味として「ポテトチップス ほしいも味」が登場です!

    no title


    揚げたイモで干したイモを再現するという実にトリッキーなポテトチップスの誕生です。

    「ポテトチップス ほしいも味」は2018年度の第3弾となる茨城の味で、茨城県が生産量日本一を誇る茨城の県民食であることから、「ほしいも味」に決定したとのこと。

    ほしいもの他には「あんこう味」や「のし梅味」などの案があったそうです。

    味わいは、さつまいものほっこり甘い、やさしい味わいが楽しめるポテトチップス。芋といっても”さつまいも”と”じゃがいも”では食感も味わいも全く違うことはみなさんも承知の通り。
    カルビーのポテトチップスの技術でどれほど”ほしいも”の味わいが再現されているのかきになるところです。

    隠し味には、さつまいものほくっとした食感を表現するために「おから」を使っているそうですよ。

    「ポテトチップス ほしいも味」は2019年月3月4日(月)から茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨で発売されます。

    ポテトチップス ほしいも味

    カルビー株式会社

    http://news.livedoor.com/article/detail/16085620/
    2019年2月27日 12時58分 Japaaan

    no title

    【【食品】茨城の味!揚げたイモで干したイモを再現するというトリッキーすぎる「ポテトチップス ほしいも味」爆誕! 】の続きを読む

    1: プティフランスパン ★ 2019/03/01(金) 19:32:05.78 ID:u8rE5HZN9
    2019.3.1 17:00
    https://www.lmaga.jp/news/2019/03/61341/
    no title

    チェルシー・バタースカッチの味を再現したチェルシー・シュークリーム

    まもなく20周年を迎えるシュークリーム専門店「ビアードパパ」(本社:大阪市北区)から、数量限定「チェルシー・シュークリーム」と期間限定「クッキー&クリームシュー」が3月1日から発売される。
    no title

    チェルシー・シュークリーム(左)とクッキー&クリームシュー

    「チェルシー・シュークリーム」は、大手食品メーカー「明治」が1971年から発売しているキャンディ「チェルシー・バタースカッチ」とのコラボ。
    発酵バターをじっくり煮詰めた濃厚でコクのある味をそのままシュークリームに仕上げ、全国の各店舗(心斎橋御堂筋店、イオンモール堺北花田店などのぞく)ごとに数量限定で販売される。

    そして、ほろ苦いココアクッキーと香り高いバニラクリームを使った「クッキー&クリームシュー」は、2018年から復活の人気フレーバー。
    こちらは、3月1日から31日までの期間限定で販売(神戸ハーバーランドumie店、ホワイティうめだ店などのぞく)される。いずれも230円。

    【【ビアードパパ】明治チェルシー「バタースカッチ味」がシュークリームに 本日より全国で 】の続きを読む

    このページのトップヘ