有象無象カニタマゴ

いろいろまとめブログの爆誕です! 私の目に止まったものをまとめていきますのでどうぞよろしくお願いします。 最近はなんJをいっぱいまとめてます。 どうぞごゆっくりお楽しみ下さい!

    カテゴリ:芸能 > TV

    1: ひかり ★ 2019/04/03(水) 15:14:15.68 ID:MuhhN9Uf9
     よしもと所属タレント約6,000人の中から選ばれたメンバーで結成されるアイドルグループ・吉本坂46の選考過程、結成の瞬間から成長などを追いかける
    ドキュメンタリー番組『吉本坂46が売れるまでの全記録シーズン2』(テレビ東京系)。4月2日放送回では、個人ジャケット売上ランキング発表の模様を
    オンエアした。

     シーズン1のレギュラーメンバーに代わり、シーズン2からは今田耕司、タカアンドトシ、欅坂46・渡辺梨加がスタジオから吉本坂46を見守る。番組冒頭、
    トシ(タカアンドトシ)は「見てました? シーズン1は?」と渡辺に質問。渡辺が「あ……はい」と静かに頷くと、トシからは「見てねえな、これ」とさっそく
    ツッコまれてしまう。さらに今田から「最初から順調だったわけじゃないでしょ?」と欅坂46のデビューについて聞かれると、「ん~~。でもびっくりしました」と返答。
    うまく回答できない渡辺に対して、今田は「どうした? 欅がびっくりした?」と困惑している様子。再び「最初から順調だったわけじゃないでしょ?」
    と質問を続けるも、「ん~~~。う~~」と返答に悩む渡辺。見かねたトシが「渡辺さんは、喋らないっていうキャラなんですよ」とフォローすると、
    今田は「なんで来たんや!」とツッコんだ。

     VTRでは、これまでの吉本坂46の活動を振り返る。まずは、グループ結成までのオーディション模様を放送。VTRを見たトシは「どうでした? (欅坂46も)
    あんな感じだったんですか?」「応募は何千人?」と渡辺に質問。しかしまたしても、渡辺はうまく答えることができず沈黙に。トシは「そりゃ知らないよね、
    こっちで調べておく」と続け、スタジオを笑わせた。

     また、吉本坂46のMV撮影、デビューイベント、握手会の模様などもオンエア。トシが「アイドルしてますよ!」と吉本坂46メンバーに感心していると、
    今田は「事情を知らないからですよ」「八木さん(八木真澄/サバンナ)が自分の握手の列が短すぎてどんだけ焦ったと思ってんねん」と続ける。また、
    タカ(タカアンドトシ)が「今まで握手会で言われて嬉しかった言葉って何?」と渡辺に質問を試みるものの、やはり渡辺は「ん~~~~」とうまく話すことができない。
    しばらく沈黙が続くと、トシが「じゃあ、ホームページで紹介してね」「(回答は)すぐには出ないからね」とまたしてもフォロー。一方今田は「甘やかしちゃダメだって! 
    ファンの人が息を飲んでみてたわけよ」と厳しくツッコんだ。次回は4月9日放送予定だ。

    リアルサウンド
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190403-00010024-realsound-ent

    【【欅坂46】渡辺梨加、口下手発揮で厳しいツッコミ受ける 今田耕司「なんで来たんや!」 】の続きを読む

    1: ひかり ★ 2019/04/03(水) 16:22:26.52 ID:MuhhN9Uf9
    「クランクイン3日後の3月20日には、さっそく新キャスト・塚地武雅さんの“歓迎会“が東京・西麻布のもつ鍋店で行われました。塚地さんは前作まで
    出演していた、大杉漣さんの後釜という設定。緊張気味な塚地さんが、少しでも早くチームになじむように、という座長・天海さんの発案だったんです」
    (ドラマスタッフ)

    天海祐希(51)の主演ドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日系)が、今春からシーズン3を迎える。

    「2014年から始まり、安定した人気を誇っています。天海さんは最新『テレビタレントイメージ調査』でも女性部門でベスト10入りするなど、
    演技力だけでなく、クライアント受けも非常にいいんです」(テレビ局関係者)

    そんな天海にテレビ朝日が再び、“超大作”連ドラへの熱烈ラブコールを送っているという。

    「世界的大ヒットとなった『24』のリメーク版を、映画会社20世紀フォックスと手を組み、2020年度に制作します。その“主演格”として、天海さんに
    白羽の矢が立ったんです」(制作関係者)

    米国の人気ドラマ『24』は米テロ対策機関「CTU」のジャック・バウアーが、国家の緊急事態を24時間で解決するアクション大作だ。今回の日本版では
    テロリストが狙うターゲットが“日本初の女性総理大臣”となっている。

    「ジャック・バウアー役は唐沢寿明さんに内定したのですが、局は『この女性総理大臣役は天海さんしかいない!』と必死に説得したそうです」
    (前出・制作関係者)

    そこには、テレ朝のある“思惑”があるという。

    「今、日本テレビとテレビ朝日が年間視聴率でデッドヒートを繰り広げています。昨年は全日帯(6時~24時)で日テレが7.9%、テレ朝が7.7%と僅差。
    そのため、テレ朝は高視聴率連ドラを渇望しているのです」(テレビ局関係者)

    テレ朝ドラマの“顔”といえば、『相棒』の水谷豊(66)と『ドクターX』の米倉涼子(43)だが……。

    「米倉さんが『ドクターX』の続編には消極的です。そのためテレ朝は天海さんに大きく期待しています」(前出・テレビ局関係者)

    今回の『24』リメーク版は米国同様に1時間ずつの放送で、2クールの全24話。撮影期間も長期にわたるため、ギャラも破格待遇だという。

    「社運を懸けたプロジェクトのため、出演料も“3割増し”の1話300万円。テレ朝ドラマの新たな“看板”になってもらうためにも、三顧の礼を尽くして
    お願いしています。なんとか実現する見込みです」(前出・制作関係者)

    天海が米倉の後継として、テレ朝の“新女王”となる日は近い!?

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190403-00010008-jisin-ent

    【【芸能】天海祐希にテレ朝が破格待遇!「24」出演に1話300万円提示 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 田杉山脈 ★ 2019/04/03(水) 16:12:01.05 ID:CAP_USER
    サイバーエージェントは2日、展開するインターネットテレビ局のAbemaTVに「競輪チャンネル」を開設。競輪のレース中継やミッドナイト競輪を中心とした特別番組を制作・配信する。さらに、競輪・オートレースなど公営競技のインターネット投票サービスを行なっている子会社のWinTicket(ウィンチケット)を通じ、レースを見ながら、勝者投票券を購入できるサービスも2日から開始した。

    2017年時点での競輪の売上高は約6,400億円、オートレースの売上高は660億円で、インターネット投票の伸びが顕著だという。これを背景に、サイバーエージェントグループは、競輪の勝者投票券を購入できるインターネット投票サービス「WinTicket」を開始するとともに、AbemaTVに「競輪チャンネル」を開設する。

    「競輪チャンネル」では、これまで競輪にあまり触れることの無かった若い世代にも、面白さを伝えることを目指し、競輪のレース中継やミッドナイト競輪を中心とした特別番組を制作・配信。さらに、番組を観ている人がそのまま勝者投票券を購入する事も可能。なお、WinTicketでは今後、オートレースなどの他の公営競技にも対応する予定。

    WinTicketのオープンを記念して、登録者全員に1,000円分のポイントをプレゼントするほか、初回ポイントチャージ時のポイントを10%増量、登録した月と翌月には投票金額の3%をポイントバックするなど、各種キャンペーンも実施する。

    サイバーエージェントグループでは、WinTicketのサービス展開およびAbemaTVでの放送を通じて、「公営競技のインターネット投票の促進と新たなファン層の獲得を図っていく」という。
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1177844.html

    【【放送】AbemaTVに「競輪チャンネル」開設、レース見ながら勝者投票券を購入 】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/08(火) 18:28:23.52 ID:PERYJ0Kc9
    1月1日に放送されたバラエティ特番「ひたすら1万回【愚直に何でも1万回やってみました】」(テレビ東京系)が、大きな注目を集めている。
    同番組は、あらゆる物事を1万回行う検証番組だという。

    「この番組は、日常生活においてちょっと気になることを、ひたすら1万回繰り返したらどうなるかという内容のバラエティです。
    今回は、素人が素振り1万回、書道1万回などを実践したら、どれほど実力が上達するか。
    また競馬で、ラッキーセブンと言われる7の数字の競走馬だけを1万点賭けた場合、どれほど利益があるかなど、様々な検証を行いました」(テレビ誌記者)

    そんな中、もっとも視聴者の反響が大きかったのが、女性の胸を1万回揉むという検証である。
    番組では、グラドルやレースクイーンとして活躍する安田七奈が挑戦し、実際に胸が大きくなるかを実験したという。

    「巷では『胸は揉むと大きくなる』という都市伝説的な噂がありますが、それを今回、グラドルの安田が実際に揉んで検証。
    番組にはプロのバストアップマッサージ師が登場し、彼女のタンクトップの中に手を入れ、はみ出そうな生の胸を揉みほぐしながら指導しました。
    そしてその後も安田が、タクシーでの移動中など、日々の生活でひたすら自分の胸を揉む様子が映像で映し出され、最終的にバストはDからFの2カップもアップしたのです。
    これには視聴者から『胸を揉むコーナーだけをレギュラー化してほしい!』『「池の水ぜんぶ抜く」並みの素晴らしい企画だ』
    『次はAカップで検証してほしい』と、放送後もネットで話題となり、視聴者から様々な要望が飛び交いました」(前出・テレビ誌記者)

    昨今、「家、ついて行ってイイですか?」や「池の水ぜんぶ抜く」など、趣向を凝らした企画で話題を集めるテレ東。
    今回の番組も、近いうちにレギュラー化されることとなるかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1644058/
    2019.01.08 17:58 アサ芸プラス

    no title

    【【テレビ】「池の水」を超えた!?テレ東・女性の胸を1万回揉むだけの番組が大反響! 】の続きを読む

    このページのトップヘ